penpen's blog 緑だらけ~!

【父との想い出】 ⑦  

~最期の時間、万感の想い~

昨年5月の連休を過ぎると、
ディサービスとショートスティの併用では厳しい状況となり、
専門病院へ入院することになりました。

郊外の田園地帯を望む病室からの眺めを、
父はとても気に入っているようでした。

車椅子になっても、体調が良い時には、
病院の庭に出て、この眺望を楽しんでいたそうです。

田園風景

11月になると、誤嚥性肺炎をきっかけに、
一般病棟からICUに移り、目に見えて衰えが感じられ、
だんだん会話も難しくなってゆきました。

最後の一カ月は、何も食べられず、
食べるのが好きだった父が、見る見る痩せて、
本当に気の毒でしたが、
大好きな梨の擂りおろしを口に含ませてあげると、
本当に嬉しそうでした。

画像 004

ここ1年余り、この時間が早いのか遅いのかは分かりませんが、
父にとって、「昨日出来たことが、今日できない」、
「今日できることが、明日出来ないかも知れない」という
不安と失望が大きく、本当に辛い日々でした。

でも、私にとっては、これまでに無かったくらい、ゆっくりと話をし、
向き合う時間が持てたのは幸せなことだったと思うのです。

そして、12月19日、午前11時22分。
家族と多くの親戚に看取られながら、穏やかに旅立ちました。

my-garden 003 - コピーお通夜当日の朝。

「ちゃんと向きあえていたのだろうか。」
「もっと、してあげられたことがあったのではないか。」
考えれば考えるほど、後悔の念が込み上げてきます。

もし、元気で居れば、今日が91歳の誕生日。
95歳までは元気で居て欲しかった…

まだ、しばらくは、そんな気持ちから抜け出せそうにありません。



四十九日明けの2月になったら、
“緑だらけ~!”を再開しようと思います。
よろしかったら、また、お付き合い下さいね~。



 ←人気ブログ ランキング 参加中! 応援クリック、よろしくです!!


 ←FC2ブログ ランキング 参加しました! よろしく!!
スポンサーサイト

category: 父との想い出

thread: ガーデニング - janre: 趣味・実用

tb: 0   cm: 3

コメント

田んぼの景色や
空の色から
しみじみとした空気感が
伝わってきました

よい人生を歩まれたのでしょうね

URL | 庭 のたろう #-
2018/01/30 22:09 | edit

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

 |  #
2018/02/04 15:48 | edit

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

 |  #
2018/02/05 00:45 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://penpen1go.blog.fc2.com/tb.php/3406-9fca60ab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)