penpen's blog 緑だらけ~!

【父との想い出】 ③  

~仕事への想い、季節の行事編~

そんな父の一番の誇りは仕事でした。

幾度となく職場である印刷工場に連れて行かれ、
巨大な輪転機や大量に積まれた印刷物の山を見て驚いたこと、
インクや紙の臭いが懐かしく思い出されます。

高速輪転機巨大な高速輪転機


庭で焚き火をすると、父は決まって“火(炎)は7人の友。
だからずっと見ていても飽きないんだよ”と教えてくれました。
今でこそ、“1/f ゆらぎ”による癒し効果が知られていますが、
きっと理系出身だった父は、そのことを知っていたのかもしれません。

ADSCN8235.jpgどんと祭


一方、田舎の人らしく、季節ごとの行事が好きで、
七草粥、冬至かぼちゃ、菖蒲湯、十五夜、鏡開きなど、
本格的ではないのですが、必ずやりましたし、
実家の敷地は、分譲以前、農家の畑だったこともあり、
敷地内に梅、柿はもちろん、桃、杏、梨の木までも残されていました。

年末の焚き火や庭で収穫した梅や柿の実で、梅干しや干柿づくりなどは、
子どもにとって楽しみなイベントでした。

A20161221211650347.jpgA20170107203057164.jpg
十五夜2 (1)


次回に続きます。


仕事に限らず、何事にも妥協しない、
昭和ひと桁ならではの厳しさを持った父でした。
我が家でも、季節の行事は続けて行こうと思います。



 ←人気ブログ ランキング 参加中! 応援クリック、よろしくです!!


 ←FC2ブログ ランキング 参加しました! よろしく!!
スポンサーサイト

category: 父との想い出

thread: ガーデニング - janre: 趣味・実用

tb: 0   cm: 1

コメント

ご無沙汰しておりました。
お優しいお父様でしたね。
溢れる愛情が伝わってきます。
ご冥福をお祈りいたします。

URL | kurotsugumi #-
2018/01/16 17:17 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://penpen1go.blog.fc2.com/tb.php/3408-c00404f4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)